不動産投資に向いている人【向いてなくても、とりあえずやってみる】

こんにちは、マニです。

 

不動産投資に、向き、不向きってある?
自分は、不動産投資に向いているのかな?
どういうことを心掛けたらいい?

 

今回は、こんな疑問を解説します。

 

今回の内容

  • 不動産投資に向いている人
  • 心がけること

 

私は、地方で1棟アパートを所有する、サラリーマン大家です。
不動産投資家をめざして、1年で物件を購入し、て大家デビューしました。
私が感じた、不動産投資に向いている人の特徴を解説します。

 

目次

不動産投資にはこんな人が向いている

不動産投資には、どんな人が向いているのか。
 

目標をもって行動できる

ベースの部分ですね。

不動産投資には、目標が必要です。
ただ、なんとなく、節税対策で始めた、、、
なんていうのは、失敗します。

 

短期的な目標は無意味

不動産投資において、短期的な目標は、あまり意味がありません。

なぜなら、目先の利益は、将来の利益の先取だったりするから。

「業者に言われて、節税対策に購入した。」
「年間100万円の家賃収入が得られるらしいから、買ってみた。」

その物件、10年後もあなたの目標を、達成できますか??
不動産投資の目標は、1年後じゃなく、10年後、20年後のなりたい自分になるべく立ててください。

短期的には成功しても、長期的に失敗している物件は、たくさんあります。
目先の利益を追求すると、長期的な目標を見失います。

 

長期的な目標が必要

  • なんのために不動産投資を始めたいのか
  • 不動産投資をして、将来どんな自分になりたいのか
  • そのためには、何をする必要があるのか

ここを、しっかり考えましょう。
より具体的に、より分かりやすく。
紙に書いて、貼っておいてもいいかもです。

 

シミュレーションが好き

まあ、好きである必要はないですが、収支のシミュレーションは必須です。
あまり書かれてませんが、ここはかなり時間を使いましょう。

 

収支シミュレーションとは

不動産の収支は、色々な要因で変動します。
「物件価格1000万円で、利回り10%だから、年間100万円収入が入る」といった、単純なものではないです。

色々な要素が、絡み合った検討が必要です。
シミュレーションを幾通りも実施して、失敗の可能性を探っていきます。

考えられる失敗の可能性を洗い出して、それでもチャレンジできると判断したら、物件を購入すべきです。

シミュレーションと聞くと、拒否反応が出る人もいますね。
けど、ここは、必須です。
必ず時間を使って実施しましょう。

収支の計算方法は、不動産投資のキャッシュフローの計算方法
不動産投資の利回りについて解説の記事も、参考にしてください。

相手を尊重して、意見を受け入れられる

不動産投資には、たくさんの人物が登場します。
不動産業者、管理会社、銀行、リフォーム業者、入居者、税理士などなど。

 

ここで、一つ質問。

不動産投資の主役は誰ですか?

「それは、もちろん大家のわたし」
ブブー、それ間違いです。

答えは、全員主役です。

不動産投資を通して、すべての登場人物が、よりよい生活を送ろうとしています。
違うのは立場だけ。利害が、一致しないこともあるでしょう。

そんなときに、相手の話をよく聞き、相手を尊重して、意見を受け入れることが大切。
自分一人の利益を押し付けず、相手の立場に立って、考えられる人が、不動産投資に向いています。

 

学ぶ意欲がある

学ぶ意欲のある人は、成長し、成功します。
不動産投資は勉強すればするほど、成功する確率があがります。

  • 学ぶことは、スキルを身につけること。
  • スキルを身につけることは、差別化ができる
  • 差別化ができると、魅力がでる

成功する人は、魅力があります。
人としての魅力があると、周りを巻き込んで、不動産投資を成功させることができます。
学ぶことで、魅力をあげられるんです

具体的な勉強方法は、不動産投資の勉強方法をまとめましたを、ご覧ください。

 

行動力がある

世の中の人を、行動力で分けた場合。
上位5%がスーパー大家さんだとしたら、私は20%に入るか、入らないかぐらい。
普通の人よりは、行動力はあるけど、突き抜けてはないかなです。

そして、上位20%ぐらいに入らないと、おそらく大家デビューはできないと思います。
それぐらい、不動産投資は行動力がないと難しい。

なので、自分で行動力がないなと思う人は、気を付けてください。
そんな人が不動産投資をする場合、たいてい業者にだまされて、もうからない物件を買わされています。

不動産投資は、情報戦です。
行動力のある人に、いい情報はどんどん集まってきます。
行動してないのに、いい物件を買えることは、絶対にないです。

おいしい話が、急に転がり込んできたら、要注意。

 

決断力がある、人のせいにしない

行動力と同じくらい、決断力があります。
さらに、大事なことは、「決断したことを人のせいにしない」ことです。

失敗の原因は常に、自分にあり、成功の要因は常に他人にある。と考える。

失敗から学び、成功に感謝できる人は不動産投資に向いています。

 

スポンサーリンク

これから、心がけること

ここまで読んでみて、「なんか自分は向いてないな」と思った人。
次のことを、心掛けてみてください。

  • 想像力を養う
  • 周りに流されない
  • 人の話をよく聞く
  • とりあえず、なにかやってみる

 

想像力を養う

想像力とは、妄想力と言っていいかもしれません。
妄想しましょう。
自由で、快適で、楽しい生活を。

海の近くに家を買って、世界中を旅しながら、会社に縛られずに、家賃収入で自由に生活する。

妄想したら、それを言葉にしてみる。

  • 年収が1000万円ほしい
  • 資産1億円を貯めたい

あとは、それを実現するための具体的な目標を決め、行動あるのみです。

 

周りに流されない

不動産投資に反対する人も多いです。
危険、だまされる、リスクが高い…。

どれも、ごもっともですが、

それは、無知からくる不安です。

だれでも、勉強する前は、同じように不安です。
しかし、勉強を始めると、その不安も一つずつ解消していきます。
雲が晴れたように、何に不安を感じていたかわかるようになります。

無知の他人に批判されたても、勉強したあなたのほうがすでに、スキルは上です。
最後は自分を信じてチャレンジしましょう。

 

人の話をよく聞く

「周りに流されないと言われたばかりなのに、今度は人の話を聞く??」
矛盾してますか??

「人の話を聞く」じゃなく、「人の話を“よく”聞く」です。
反対意見も、賛成意見も、人の話をよく聞きましょう。

しっかりと耳を傾けて、じっくりと聞きます。

人の話をよく聞くことは、相手の立場を尊重するにつながります。

自分の意見を言う必要は、一切ないです。
他人の意見や話から、なにか学びましょう。

自分の意見を押し付けることなく、人の話を真摯によく聞くようにしましょう。

 

とりあえず、なにかやってみる

本を買うでも、セミナーに参加するでも、不動産屋さんを訪ねてみるでも、何でもいいです。

とりあえず、やってみるです。

向き、不向きは当然あります。
ここまで読んで「向いてないな~」と思った人もいるでしょう。

向き、不向きを判断するのはやってみてからでも遅くはありません。
やってみて、向いてなければ、止めたらいいのです。

まずは、なにかやってみましょう。

 

実際に行動する人

不動産投資をこころざし、行動に移せる人は、100人中30人ぐらい。
さらに、実際に大家になれる人は、30人中2,3人と言われています。

極めて、少ないですね。
だいたいの人が、いろいろな理由をつけて止めてしまいます。

あなたは、残りの3人に入れますか。

 

最後に、この3人に入るコツを教えます。

それは、3人に残るまで、止めないこと

そんなに難しいことではありません。
大家デビューするまで行動し続ける。ただそれだけ。

ぜひ、実践してみてください。

 

まずはここから始めてください

MaNiUKeru -マニウケル-
不動産投資の始め方|初心者は、まずはここから始めてください
不動産投資の始め方|初心者は、まずはここから始めてください不動産投資の始め方がわかる記事をまとめました。内容はとても多いですが、ここから少しづつ始めて夢の大家デビューを目指してみてください。少し前で待っています。
スポンサーリンク
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる